今日はレディースデーで金融が2割引!
今日はレディースデーで金融が2割引!
ホーム > 現金化 > 総量規制と現実に必要な状況

総量規制と現実に必要な状況

総量規制というものが始まってから、だいぶ年月が経ちました。

多重債務を防止するために取られ始めた措置で、信用情報に基づき規制をかけなければいけません。

総額で年収の1/3までしか借り入れすることができない法律で、これを超えての貸出はしてはいけないのです。

総額が50万までは例外としてとることもできますが、実際の状況を考えれば、かなり厳しい規制であると考えていいでしょう。

 

現金が必要になってしまった時でも、この総量規制に引っ掛かってしまい、借入れが起こせない場合もあります。

良くもあり悪くもあるのが、この総量規制の実態でもあるといえるでしょう。

 

ですが、例外もあることを忘れてはいけません。

それがショッピング枠なのです。

こちらに関しては、総量規制が例外としてあり、年収の1/3までが上限となってはいません。

だからこそ、クレジットカードの現金化が有効な手段となっているのです。

 

キャッシングが総量規制にあたってしまい、借入れができない状態でも、クレジットカードの現金化を使えば、現金が必要となるピンチを切り抜けることができます。

ショッピングというものは、借入れということとは少し性格が異なるからです。

大きな現金を得るためには、あまり向いているとは言えない部分もあります。

それでも、機動的な対応を考えるのであれば、この方法はかなり有効な手段となりますので、インターネットバンクの口座などを含めて、事前に準備をしておいてもいいでしょう。